Air Products Home

農業耕作機械

プラズマ溶射

プラズマ溶射処理では、堆積する素材(一般に粉末ですが、場合によっては液体、浮遊物、針金)がプラズマジェットに導入され、プラズマトーチから放射されます。温度が約 20,000 K を上回るジェット中で、素材が溶かされ、基材に向かって進みます。その場所で、溶けた小滴は平らになり、急速に凝固し、堆積します。プラズマ溶射プロセスでは、不活性ガスは、プラズマガスおよびキャリアガス(粉末用)として必要です。ほとんどの場合、プラズマガスはアルゴン、ヘリウム、窒素および水素です。特定のガスか、混合ガスを使用することができます。高い純度が要求されるため(5.0 等級)、BIP ボンベにより最良の結果と性能が得られます。アルゴンと窒素(純粋)のみが、最低 5.0 等級で、粉末用のキャリアガスとして使用されるため、BIP ボンベから供給して使用することが最良です。

その他の用途

製品名説明/利点ダウンロード
ガス

アシストガス
BIP® UHP ガス

プラズマ溶射プロセスでは、不活性ガスは、プラズマガスおよびキャリアガス(粉末用)として必要です。ほとんどの場合、プラズマガスはアルゴン、ヘリウム、窒素および水素です。特定のガスか、混合ガスを使用することができます。高い純度が要求されるため(5.0 等級)、BIP® ボンベにより最良の結果と性能が得られます。アルゴンと窒素(純粋)のみが、最低 5.0 等級で、粉末用のキャリアガスとして使用されるため、BIP® ボンベから供給して使用することが最良です。

プラズマ溶射プロセスでは、不活性ガスは、プラズマガスおよびキャリアガス(粉末用)として必要です。ほとんどの場合、プラズマガスはアルゴン、ヘリウム、窒素および水素です。特定のガスか、混合ガスを使用することができます。高い純度が要求されるため(5.0 等級)、BIP® ボンベにより最良の結果と性能が得られます。アルゴンと窒素(純粋)のみが、最低 5.0 等級で、粉末用のキャリアガスとして使用されるため、BIP® ボンベから供給して使用することが最良です。

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close