Air Products Home

農業耕作機械

表面処理

レーザーは、指定されたエリアを非常に急速に熱することができるため、特定の表面熱処理と表面形成用途に適しています。このような用途として、レーザー硬化、合金化、およびクラッディングがあります。レーザー硬化は現状最も一般的なレーザー表面熱処理方法です。一般に、酸化から金属を保護するためにシールドガスを使用します。ほとんどの場合、アルゴンまたは窒素が使用されます。

その他の用途

製品名説明/利点ダウンロード
ガス

シールドガス
アルゴン

レーザーは、指定されたエリアを非常に急速に熱することができるため、特定の表面熱処理と表面形成用途に適しています。このような用途として、レーザー硬化、合金化、およびクラッディングがあります。レーザー硬化は現状最も一般的なレーザー表面熱処理方法です。一般に、酸化から金属を保護するためにシールドガスを使用します。ほとんどの場合、アルゴンまたは窒素が使用されます。

レーザーは、指定されたエリアを非常に急速に熱することができるため、特定の表面熱処理と表面形成用途に適しています。このような用途として、レーザー硬化、合金化、およびクラッディングがあります。レーザー硬化は現状最も一般的なレーザー表面熱処理方法です。一般に、酸化から金属を保護するためにシールドガスを使用します。ほとんどの場合、アルゴンまたは窒素が使用されます。

窒素

レーザーは、指定されたエリアを非常に急速に熱することができるため、特定の表面熱処理と表面形成用途に適しています。このような用途として、レーザー硬化、合金化、およびクラッディングがあります。レーザー硬化は現状最も一般的なレーザー表面熱処理方法です。一般に、酸化から金属を保護するためにシールドガスを使用します。ほとんどの場合、アルゴンまたは窒素が使用されます。

レーザーは、指定されたエリアを非常に急速に熱することができるため、特定の表面熱処理と表面形成用途に適しています。このような用途として、レーザー硬化、合金化、およびクラッディングがあります。レーザー硬化は現状最も一般的なレーザー表面熱処理方法です。一般に、酸化から金属を保護するためにシールドガスを使用します。ほとんどの場合、アルゴンまたは窒素が使用されます。

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close