Air Products Home

バイオディーゼル

グリセロール副産物の燃焼

より多くの油脂および脂肪がバイオディーゼルに変換されるとともに、未処理のグリセロール副産物の貯蔵と処理のコストが増加します。さらに、純粋なグリセロールには多くの用途がありますが、精製ステップはコストがかかる場合があり、バイオディーゼル生産の全体的な経済性に悪影響を及ぼします。考えられる 1 つの解決策は、熱や電力を製造するためのボイラーや炉の改造の代替燃料として、未処理のグリセロールを使用することです。これは見込みがありますが、グリセロールの次の特性により課題があります。

  • 不完全で非効率的な燃焼に結びつくことがあります。
  • 不完全燃焼の後に有毒なアクロレイン(0.1ppm TWA)が生成されることがあります

Air Products の研究者は、酸素がこれらの課題を克服するのに役立つことを発見しました。当社は、お客様が当社の酸素製造装置および特許取得済みの酸素バーナーを使用して、完全なシステムを設計するお手伝いをし、電力と熱の発生における代替燃料として有効にグリセロールを使用できるようにします。詳細については、お近くの営業所までお問い合わせください。

その他の用途

製品名説明/利点ダウンロード
ガス

酸素

グリセロールの空気ベースの燃焼と比較して、酸素は、より完全で効率的な燃焼を提供でき、有毒なアクロレイン副産物(0.1 ppm TWA)の生成の削減を促します。

グリセロールの空気ベースの燃焼と比較して、酸素は、より完全で効率的な燃焼を提供でき、有毒なアクロレイン副産物(0.1 ppm TWA)の生成の削減を促します。

酸素バーナー

Air Products の特許取得済み酸素バーナーは、強化された輝度、より短い離脱火炎、完全燃焼、全体効率の向上、およびグリセロールと天然ガスを同時に燃焼させる能力を提供します。

Air Products の特許取得済み酸素バーナーは、強化された輝度、より短い離脱火炎、完全燃焼、全体効率の向上、およびグリセロールと天然ガスを同時に燃焼させる能力を提供します。

世界有数の実証設備

当社の燃焼技術者、産業エンジニア、およびモデリング専門家は、酸素ベースの技術で数十年の経験を持ち、あらゆる種類の気体燃料、液体燃料、固体燃料を使用しながら、お客様と協力して、実用規模の実際の燃焼システムおよびガス化システムの開発および検査ができます。当社の先進的な Clean Energy Laboratory を利用すると、オンラインビデオとデータ共有によって、遠隔地から実況で検査に参加できます。

当社の燃焼技術者、産業エンジニア、およびモデリング専門家は、酸素ベースの技術で数十年の経験を持ち、あらゆる種類の気体燃料、液体燃料、固体燃料を使用しながら、お客様と協力して、実用規模の実際の燃焼システムおよびガス化システムの開発および検査ができます。当社の先進的な Clean Energy Laboratory を利用すると、オンラインビデオとデータ共有によって、遠隔地から実況で検査に参加できます。

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close