Air Products Home

バイオ電力/バイオ熱

燃焼

すべての燃料燃焼プロセスで、酸素が必要とされます。通常、空気中の濃度(21 %)で十分です。しかし、空気を酸素と置き換えたりまたは酸素富化することには、以下の利点があります。

  • システム効率の向上
  • 増加した有効熱量による燃料消費の低減
  • コストの高い燃料の低発熱量燃料への置き換えが可能
  • 火炎安定性の向上
  • ターンダウン能力の増加

当社のエンジニアリング・スペシャリストは、お客様の用途に適した酸素供給システムの選択をお手伝いします。詳細については、お近くの営業所までお問い合わせください。

その他の用途

製品名説明/利点ダウンロード
ガス

酸素

酸素はボイラーあるいは炉の効率を増加させ、増加した有効熱量により燃料消費が低減し、低発熱量燃料の使用を可能にし、燃焼安定性を増加させて、ターンダウン容量を拡張させることができます。

酸素はボイラーあるいは炉の効率を増加させ、増加した有効熱量により燃料消費が低減し、低発熱量燃料の使用を可能にし、燃焼安定性を増加させて、ターンダウン容量を拡張させることができます。

酸素バーナー

ボイラーまたは炉において専用の酸素燃焼バイオマスバーナーを使用して酸素吹込を行うと、一般的な酸素富化と同じメリットを得ながら酸素消費量を下げることができます。

ボイラーまたは炉において専用の酸素燃焼バイオマスバーナーを使用して酸素吹込を行うと、一般的な酸素富化と同じメリットを得ながら酸素消費量を下げることができます。

世界有数の実証設備

当社の燃焼技術者、産業エンジニア、およびモデリング専門家は、酸素ベースの技術で数十年の経験を持ち、あらゆる種類の気体燃料、液体燃料、固体燃料を使用しながら、お客様と協力して、実用規模の実際の燃焼システムおよびガス化システムの開発および検査ができます。当社の先進的な Clean Energy Laboratory を利用すると、オンラインビデオとデータ共有によって、遠隔地から実況で検査に参加できます。

当社の燃焼技術者、産業エンジニア、およびモデリング専門家は、酸素ベースの技術で数十年の経験を持ち、あらゆる種類の気体燃料、液体燃料、固体燃料を使用しながら、お客様と協力して、実用規模の実際の燃焼システムおよびガス化システムの開発および検査ができます。当社の先進的な Clean Energy Laboratory を利用すると、オンラインビデオとデータ共有によって、遠隔地から実況で検査に参加できます。

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close