Air Products Home

電炉製鋼工場

圧延機

高温ストリップミルで当社の専用設計バーナーを使用すると、圧延プロセスの間にエッジ、コーナー、表面を漸進的に加熱して、温度の一様性および冶金特性を向上できます。インライン温度回復は、特定のグレードの鋼および合金で、エッジおよびコーナーのクラックを低減するために役立ちます。冷間圧延機では、特許取得済みの当社の冷延技術が、圧延時のコストを削減しながら仕上げ品質を向上するために役立ちます。お客様のプロセスのための最良のソリューションは、既存の圧延機の運転パラメータ、コークスの費用、品質目標、生産目標など、多くの要因に依存します。当社のアプリケーションエンジニアは、お客様の特定ニーズを満たすためにシステム調整をお手伝いします。

その他の用途

製品名説明/利点ダウンロード
ガス

酸素

酸素はどの燃焼プロセスでも必要です。燃焼用空気を酸素で置換することにより、熱伝導と火炎温度が上がり、排気ガスの量を削減して、全体的な燃焼が改善できます。

酸素はどの燃焼プロセスでも必要です。燃焼用空気を酸素で置換することにより、熱伝導と火炎温度が上がり、排気ガスの量を削減して、全体的な燃焼が改善できます。

冷延技術

この特許技術では、冷間圧延の炭素鋼ストリップの仕上げまたはスキンパス向けの冷却手段として液体窒素を使用します。この技術は、生産性、外観、および品質の向上に役立ち、生産性の増加に加え、運転コストとメンテナンスコストの削減を可能にします。

この特許技術では、冷間圧延の炭素鋼ストリップの仕上げまたはスキンパス向けの冷却手段として液体窒素を使用します。この技術は、生産性、外観、および品質の向上に役立ち、生産性の増加に加え、運転コストとメンテナンスコストの削減を可能にします。

酸素燃焼システム

当社の直接火炎衝突酸素燃焼システムは、圧延プロセスの間に、エッジ、コーナー、および表面全体のインライン温度回復を実現するように設計されています。圧延速度を速くするには、急速な加熱が必要です。高温燃焼製品を金属の表面に直接適用することにより、これを実現できます。当社独自のバーナーは、均一で、加熱する領域の形状と一致する火炎を形成するために特別に設計されています。

当社の直接火炎衝突酸素燃焼システムは、圧延プロセスの間に、エッジ、コーナー、および表面全体のインライン温度回復を実現するように設計されています。圧延速度を速くするには、急速な加熱が必要です。高温燃焼製品を金属の表面に直接適用することにより、これを実現できます。当社独自のバーナーは、均一で、加熱する領域の形状と一致する火炎を形成するために特別に設計されています。

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close