Air Products Home

金属加工

レーザー溶接

Air Products は、あらゆる素材のレーザー溶接のための幅広い純粋ガスを提供しています。

幅広い純粋元素ガスと混合ガスをレーザー溶接で使用できます。しかし、最も優れ最も広く使用されるガスは、ヘリウム(He)とアルゴン(Ar)の元素不活性ガスです。

ヘリウムは、その固有の特性により、高速、高出力レーザー溶接のための優れたシールドガスです。ヘリウムには次の特徴があります。

  • 高い熱伝導性により、アスペクトレシオに優れた溶接が可能です。
  • 高いイオン化ポテンシャルにより、優れたプラズマ抑止と高い溶接速度が得られます。

すべてのシールドガスについて、ボンベパックや、高スループットまたは複数のレーザー設置のためのバルクなど、便利で低コストな幅広いガス供給方法を選択できます。

ガスは、切断や溶接、CO2 や YAG など、すべてのレーザーシステムで本質的な部分であり、高純度のガス供給は、レーザー技術において投資から最大限の性能を引き出すための鍵です。

お客様のあらゆる供給ニーズを満たすために、さまざまな共振器ガス、アシストガス、シールドガスを、さまざまなボンベ、ボンベパック、および低温液体容器サイズで提供できます。

Air Products の CO2 レーザー用高純度共振器ガス、高品質ガス制御装置、特殊な共振器ガスの導入により、一貫した出力で供給され、共振器の寿命が延びます。

Air Products のシールドガスは、多数の溶接プロセス(主に ミグ/マグ溶接とティグ溶接)で広く使用されています。適切な溶接ガスを選ぶことは、溶接プロセスにとって不可欠です。溶接ガスは、周囲の空気から溶接金属を保護するだけではありません。溶接の高い生産性と機械的特性にも寄与します。しかし、溶接ガスは他の役割も持っています。

溶接ガスは、焦点調整光学機器を煙や飛沫から保護し、CO2 レーザーの場合はプラズマの形成を制御します。使用する溶接ガスは、レーザーの種類、レーザーの出力、ノズルの配置、溶接する素材、加工物の厚さ、溶接の機械的要件、コストに依存します。CO2 レーザー溶接の溶接ガスについて強調すべきは、CO2 レーザーが、少なくとも高出力範囲では、製造業においていまだに主流となっている点です。また、溶接ガスの選択は、CO2 レーザー溶接できわめて重要であるのに対し、Nd:YAG レーザー溶接ではほとんど問題になりません。

その他の用途

製品名説明/利点ダウンロード
ガス

UHP ガス
窒素 BIP

レーザー混合ガスに不純物が含まれていると、出力の低下によって CO2 レーザーの性能が下がり、放電が不安定になったり、レーザーガスの消費量が増加したりすることがあります。レーザーガスの品質は、純度のみによって決まるのではなく、ガスに含まれている不純物の種類や水準も影響します。したがって、共振器とミラーの寿命を延ばすには、BIP ボンベの使用をお勧めします。

レーザー混合ガスに不純物が含まれていると、出力の低下によって CO2 レーザーの性能が下がり、放電が不安定になったり、レーザーガスの消費量が増加したりすることがあります。レーザーガスの品質は、純度のみによって決まるのではなく、ガスに含まれている不純物の種類や水準も影響します。したがって、共振器とミラーの寿命を延ばすには、BIP ボンベの使用をお勧めします。

UHP ガス
ヘリウム BIP

レーザー混合ガスに不純物が含まれていると、出力の低下によって CO2 レーザーの性能が下がり、放電が不安定になったり、レーザーガスの消費量が増加したりすることがあります。レーザーガスの品質は、純度のみによって決まるのではなく、ガスに含まれている不純物の種類や水準も影響します。したがって、共振器とミラーの寿命を延ばすには、BIP ボンベの使用をお勧めします。

レーザー混合ガスに不純物が含まれていると、出力の低下によって CO2 レーザーの性能が下がり、放電が不安定になったり、レーザーガスの消費量が増加したりすることがあります。レーザーガスの品質は、純度のみによって決まるのではなく、ガスに含まれている不純物の種類や水準も影響します。したがって、共振器とミラーの寿命を延ばすには、BIP ボンベの使用をお勧めします。

シールドガス
アルゴン

アルゴンは一連の純粋元素ガスの一部であり、混合ガスをレーザー溶接に使用することができます。アルゴンは 3kW までのレーザー出力に適しています。しかしながら、アルゴンのプラズマ抑制特性は、ヘリウム、酸素、または二酸化炭素を混合することにより改善できます。最も一般に使用されるガスはアルゴンとヘリウムです。

アルゴンは一連の純粋元素ガスの一部であり、混合ガスをレーザー溶接に使用することができます。アルゴンは 3kW までのレーザー出力に適しています。しかしながら、アルゴンのプラズマ抑制特性は、ヘリウム、酸素、または二酸化炭素を混合することにより改善できます。最も一般に使用されるガスはアルゴンとヘリウムです。

シールドガス
シールド混合物

Air Products のシールドガスは、多数の溶接プロセス(主に ミグ/マグ溶接とティグ溶接)で広く使用されています。適切な溶接ガスを選ぶことは、溶接プロセスにとって不可欠です。溶接ガスは、溶接金属を周囲の空気から保護するだけでなく、高い生産性と、溶接のより優れた機械的特性にも貢献します。しかし、溶接ガスは他の役割も持っています。溶接ガスは、焦点調整光学機器を煙や飛沫から保護し、CO2 レーザーの場合はプラズマの形成を制御します。使用する溶接ガスは、レーザーの種類、レーザーの出力、ノズルの配置、溶接する素材、加工物の厚さ、溶接の機械的要件、コストに依存します。CO2 レーザー溶接の溶接ガスについて強調すべきは、CO2 レーザーが、少なくとも高出力範囲では、製造業においていまだに主流となっている点です。また、溶接ガスの選択は、CO2 レーザー溶接できわめて重要であるのに対し、Nd:YAG レーザー溶接ではほとんど問題になりません。

Air Products のシールドガスは、多数の溶接プロセス(主に ミグ/マグ溶接とティグ溶接)で広く使用されています。適切な溶接ガスを選ぶことは、溶接プロセスにとって不可欠です。溶接ガスは、溶接金属を周囲の空気から保護するだけでなく、高い生産性と、溶接のより優れた機械的特性にも貢献します。しかし、溶接ガスは他の役割も持っています。溶接ガスは、焦点調整光学機器を煙や飛沫から保護し、CO2 レーザーの場合はプラズマの形成を制御します。使用する溶接ガスは、レーザーの種類、レーザーの出力、ノズルの配置、溶接する素材、加工物の厚さ、溶接の機械的要件、コストに依存します。CO2 レーザー溶接の溶接ガスについて強調すべきは、CO2 レーザーが、少なくとも高出力範囲では、製造業においていまだに主流となっている点です。また、溶接ガスの選択は、CO2 レーザー溶接できわめて重要であるのに対し、Nd:YAG レーザー溶接ではほとんど問題になりません。

シールドガス
ヘリウム

ヘリウムは、高速、高出力レーザー溶接のための優れたシールドガスです。ヘリウムには、高い熱伝導性、アスペクトレシオに優れた溶接、高いイオン化ポテンシャル、優れたプラズマ抑止および高い溶接速度といった特性があります。

ヘリウムは、高速、高出力レーザー溶接のための優れたシールドガスです。ヘリウムには、高い熱伝導性、アスペクトレシオに優れた溶接、高いイオン化ポテンシャル、優れたプラズマ抑止および高い溶接速度といった特性があります。

シールドガス
二酸化炭素

二酸化炭素および窒素は、酸化物、炭化物、または窒化物と溶着金属から生成される反応性ガスです。したがって、溶接のメカニズム的な特性が損なわれるおそれがあり、一部の用途では二酸化炭素および窒素を溶接ガスとして使用できません。一方、反応性の溶接ガスが許容される場合や、さらには望ましい場合もあります。例えば、一部のステンレス鋼では、窒素を使用することにより、耐腐食性と溶接の微細構造が向上します。

二酸化炭素および窒素は、酸化物、炭化物、または窒化物と溶着金属から生成される反応性ガスです。したがって、溶接のメカニズム的な特性が損なわれるおそれがあり、一部の用途では二酸化炭素および窒素を溶接ガスとして使用できません。一方、反応性の溶接ガスが許容される場合や、さらには望ましい場合もあります。例えば、一部のステンレス鋼では、窒素を使用することにより、耐腐食性と溶接の微細構造が向上します。

共振器ガス
ヘリウム

CO2 レーザーのためのレーザー共振器ガスは、通常、ヘリウム、窒素および二酸化炭素の混合物から成ります。ヘリウムをレーザーガス混合物に追加する理由はたくさんあります。
1.ヘリウムは、緩和遷移の速度を上げることにより、CO2 分子をより低いレーザーレベルから除去します。
2.ヘリウムには、非常に高い熱伝導性があります。そのため、ヘリウムは放電から熱を逃がすのに役立ちます。
ヘリウムは、レーザー出力を高めるために追加されます。

CO2 レーザーのためのレーザー共振器ガスは、通常、ヘリウム、窒素および二酸化炭素の混合物から成ります。ヘリウムをレーザーガス混合物に追加する理由はたくさんあります。
1.ヘリウムは、緩和遷移の速度を上げることにより、CO2 分子をより低いレーザーレベルから除去します。
2.ヘリウムには、非常に高い熱伝導性があります。そのため、ヘリウムは放電から熱を逃がすのに役立ちます。
ヘリウムは、レーザー出力を高めるために追加されます。

共振器ガス
二酸化炭素

CO2 レーザーのためのレーザー共振器ガスは、通常、ヘリウム、窒素および二酸化炭素の混合物から成ります。二酸化炭素(CO2)は、赤外線などのレーザー光の生成で媒質となるガスです。発光は、二酸化炭素分子が異なる振動エネルギーレベル間を移行することによって生まれます。この方法により、二酸化炭素のみをレーザーガスとして使用して CO2 レーザーを作動することが可能になります。一方、レーザー切断および溶接で必要な高レーザー出力を得るには、窒素およびヘリウムをレーザーガスに添加する必要があります。

CO2 レーザーのためのレーザー共振器ガスは、通常、ヘリウム、窒素および二酸化炭素の混合物から成ります。二酸化炭素(CO2)は、赤外線などのレーザー光の生成で媒質となるガスです。発光は、二酸化炭素分子が異なる振動エネルギーレベル間を移行することによって生まれます。この方法により、二酸化炭素のみをレーザーガスとして使用して CO2 レーザーを作動することが可能になります。一方、レーザー切断および溶接で必要な高レーザー出力を得るには、窒素およびヘリウムをレーザーガスに添加する必要があります。

共振器ガス
特殊混合ガス

Air Products では、全社のレーザー共振器に対応する特注混合ガスを取り揃えています。混合ガスの組成はレーザーの種類、出力、メーカーによって変わります。レーザー共振器ガスは、一般に個別のガスボンベで配送されますが、事前に混合された状態で配送することもできます。

Air Products では、全社のレーザー共振器に対応する特注混合ガスを取り揃えています。混合ガスの組成はレーザーの種類、出力、メーカーによって変わります。レーザー共振器ガスは、一般に個別のガスボンベで配送されますが、事前に混合された状態で配送することもできます。

共振器ガス
窒素

CO2 レーザーのためのレーザー共振器ガスは、通常、ヘリウム、窒素および二酸化炭素の混合物から成ります。放電を使用することで、窒素分子をその最初の振動エネルギーレベルに、とても容易に励起できます。これは、CO2 の上位レーザーレベルとほぼ同じエネルギーです。振動エネルギーは、2 つの分子の間の衝突によって、N2 から CO2 に容易に伝達されます。全体として窒素を中間物として使用して CO2 の上位レーザーレベルを励起するほうが、CO2 のみを使用するよりもはるかに容易です。窒素は、非常に高いレーザー出力に達するために加えられます。

CO2 レーザーのためのレーザー共振器ガスは、通常、ヘリウム、窒素および二酸化炭素の混合物から成ります。放電を使用することで、窒素分子をその最初の振動エネルギーレベルに、とても容易に励起できます。これは、CO2 の上位レーザーレベルとほぼ同じエネルギーです。振動エネルギーは、2 つの分子の間の衝突によって、N2 から CO2 に容易に伝達されます。全体として窒素を中間物として使用して CO2 の上位レーザーレベルを励起するほうが、CO2 のみを使用するよりもはるかに容易です。窒素は、非常に高いレーザー出力に達するために加えられます。

トレーニング

トレーニングの例としては、ガス雰囲気の安全性、ガスの特性、金属処理用途、NFPA 86、配管およびフロー制御パネルの要件、雰囲気に関する問題のトラブルシューティングがあります。この情報は、炉の安全運用の維持に役立ち、偶発事故の防止に役立ちます。

トレーニングの例としては、ガス雰囲気の安全性、ガスの特性、金属処理用途、NFPA 86、配管およびフロー制御パネルの要件、雰囲気に関する問題のトラブルシューティングがあります。この情報は、炉の安全運用の維持に役立ち、偶発事故の防止に役立ちます。

検査サービス/リーク検出

当社のアプリケーションエンジニアは、お客様のプラント担当者と協力して、お客様の全プロセスを分析し理解します。その分析とお客様のニーズに基づいて、お客様が製品品質と品質安定性を向上し、ガス使用を最適化するのに役立つ、プロセス改善ソリューションを推奨することができます。Air Products のサービスには、リークチェック、炉のプロファイリング、分析較正、ガス分析プロセストラブルシューティング、およびプロセス全体のレビューが含まれています。

当社のアプリケーションエンジニアは、お客様のプラント担当者と協力して、お客様の全プロセスを分析し理解します。その分析とお客様のニーズに基づいて、お客様が製品品質と品質安定性を向上し、ガス使用を最適化するのに役立つ、プロセス改善ソリューションを推奨することができます。Air Products のサービスには、リークチェック、炉のプロファイリング、分析較正、ガス分析プロセストラブルシューティング、およびプロセス全体のレビューが含まれています。

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close