Air Products Home

金属加工

酸素溶断

酸素溶断は、軟鋼および低合金鋼の切断に最も幅広く適用されるプロセスです。このプロセスは、1mm~2500mm(0.04~100 インチ)までの厚さの範囲全体をカバーし、優れた切断品質が得られ、投資コストの低減が可能です。さらに、このプロセスは容易に機械化することができます。酸素溶断は燃焼プロセスです。酸素ジェットは、狭い部分の金属を焼いて切断を行い、切り口から燃焼生成物(スラグ)を取り除きます。切断酸素の純度は、達成することができる切断速度にとって非常に重要です。純度レベルが高いと、切断速度が高くなります。

その他の用途

製品名説明/利点ダウンロード
ガス

アシストガス/切断用ガス
酸素

予熱炎では、燃料ガスは酸素の中で燃え、熱を生成します。火炎は内部および外部の燃焼ゾーンから成ります。ほとんどの火炎プロセスでの予熱炎の主な目的は、迅速な局所的加熱を達成することです。これにより、使用するガスの燃焼特性に要件が課されます。切断では、予熱炎ではなく、酸素ジェットによって切断操作が実行されます。この酸素ジェットは、発熱によって金属を酸化し、切り口から燃焼生成物(スラグ)を取り除きます。予熱炎は、発火温度まで金属を加熱すること、切断プロセスを維持すること、および切断用酸素ジェットをサポートすることを目的としています。

予熱炎では、燃料ガスは酸素の中で燃え、熱を生成します。火炎は内部および外部の燃焼ゾーンから成ります。ほとんどの火炎プロセスでの予熱炎の主な目的は、迅速な局所的加熱を達成することです。これにより、使用するガスの燃焼特性に要件が課されます。切断では、予熱炎ではなく、酸素ジェットによって切断操作が実行されます。この酸素ジェットは、発熱によって金属を酸化し、切り口から燃焼生成物(スラグ)を取り除きます。予熱炎は、発火温度まで金属を加熱すること、切断プロセスを維持すること、および切断用酸素ジェットをサポートすることを目的としています。

燃料ガス
アセチレン

アセチレンは酸素燃焼溶接の主要な燃料であり、補修作業および一般的な切断および溶接に最適な燃料です。アセチレンは、すべての工業用燃料ガスのうち、最も高温で最も濃縮された一次火炎を生成します。その発熱量はかなり低いものの、一次火炎によって放出される部分は約 30 %と非常に高いことが、アセチレンが一次火炎で最も多くの熱を生成する燃料ガスである理由です。

アセチレンは酸素燃焼溶接の主要な燃料であり、補修作業および一般的な切断および溶接に最適な燃料です。アセチレンは、すべての工業用燃料ガスのうち、最も高温で最も濃縮された一次火炎を生成します。その発熱量はかなり低いものの、一次火炎によって放出される部分は約 30 %と非常に高いことが、アセチレンが一次火炎で最も多くの熱を生成する燃料ガスである理由です。

エチレン



プロパン

プロパンは、ガス 1 kg あたりの発熱量がアセチレンと比べて大きい一方で、この熱の少ない部分のみが炎心で生成されます。アセチレンと比べて火炎温度は低く、必要な酸素の量はほぼ 4 倍です。

プロパンは、ガス 1 kg あたりの発熱量がアセチレンと比べて大きい一方で、この熱の少ない部分のみが炎心で生成されます。アセチレンと比べて火炎温度は低く、必要な酸素の量はほぼ 4 倍です。

プロピレン

プロピレンの特性はプロパンに似ています。2 つのガスの発熱量はほぼ同じですが、プロピレンでは熱の多くが一次火炎で生成されます。つまり、プロピレンはプロパンよりも熱くて効率的な火炎を生成します。

プロピレンの特性はプロパンに似ています。2 つのガスの発熱量はほぼ同じですが、プロピレンでは熱の多くが一次火炎で生成されます。つまり、プロピレンはプロパンよりも熱くて効率的な火炎を生成します。

天然ガス(メタン)

天然ガスは、主にメタンによって構成されます。その組成、そしてその燃焼特性は、天然ガス鉱床によって異なります。天然ガスは、熱源として主に使用されますが、例えば、切断にも使用できます(敷地内に世知されている場合)。メタンの発熱量は低く、ごく少量ですが、その一部は一次火炎で生成されます。

天然ガスは、主にメタンによって構成されます。その組成、そしてその燃焼特性は、天然ガス鉱床によって異なります。天然ガスは、熱源として主に使用されますが、例えば、切断にも使用できます(敷地内に世知されている場合)。メタンの発熱量は低く、ごく少量ですが、その一部は一次火炎で生成されます。

水素

水素は、可燃性の高いガスで、目に見えない炎を伴って燃えます。空気および酸素が存在すると、広い混合範囲で爆発します。水素と酸素を 2:1 の比率で混合したものを、通常、酸水素または爆発性ガスと呼びます。また、水素は燃料ガスとしても使用されます(例えば、ガス切断)。炎の温度および強度は、アセチレンや他の多くのガスよりも低い(弱い)ですが、プロパンガスや天然ガスより高く(強く)なります。

水素は、可燃性の高いガスで、目に見えない炎を伴って燃えます。空気および酸素が存在すると、広い混合範囲で爆発します。水素と酸素を 2:1 の比率で混合したものを、通常、酸水素または爆発性ガスと呼びます。また、水素は燃料ガスとしても使用されます(例えば、ガス切断)。炎の温度および強度は、アセチレンや他の多くのガスよりも低い(弱い)ですが、プロパンガスや天然ガスより高く(強く)なります。

燃料混合ガス

有効成分がメチルアセチレンやプロパジエンで構成される、多数の独自の燃料混合ガスがあります。これらのガスは両方とも非常に高エネルギーで爆発性があります。この理由から、プロパン、プロピレン、およびブタノールといった安定剤が追加されことが望ましいです メチルアセチレンやプロパジエンが含まれる混合ガスは、アセチレンの次に最も高温の火炎を生成する燃料ガスです。

有効成分がメチルアセチレンやプロパジエンで構成される、多数の独自の燃料混合ガスがあります。これらのガスは両方とも非常に高エネルギーで爆発性があります。この理由から、プロパン、プロピレン、およびブタノールといった安定剤が追加されことが望ましいです メチルアセチレンやプロパジエンが含まれる混合ガスは、アセチレンの次に最も高温の火炎を生成する燃料ガスです。

検査サービス/リーク検出

当社のアプリケーションエンジニアは、お客様のプラント担当者と協力して、お客様の全プロセスを分析し理解します。その分析とお客様のニーズに基づいて、お客様が製品品質と品質安定性を向上し、ガス使用を最適化するのに役立つ、プロセス改善ソリューションを推奨することができます。Air Products のサービスには、リークチェック、炉のプロファイリング、分析較正、ガス分析プロセストラブルシューティング、およびプロセス全体のレビューが含まれています。

当社のアプリケーションエンジニアは、お客様のプラント担当者と協力して、お客様の全プロセスを分析し理解します。その分析とお客様のニーズに基づいて、お客様が製品品質と品質安定性を向上し、ガス使用を最適化するのに役立つ、プロセス改善ソリューションを推奨することができます。Air Products のサービスには、リークチェック、炉のプロファイリング、分析較正、ガス分析プロセストラブルシューティング、およびプロセス全体のレビューが含まれています。

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close