Air Products Home

廃水

噴流式曝気への改造

空気の代わりに Air Products の酸素を使用する噴流式曝気装置へ改造することで、活性汚泥プロセスに追加の能力を提供できます。空気から酸素曝気に変更することにより、酸素濃度が 5 倍に増加し、酸素移送速度が高まるため、BOD 処理能力が増加します。付加利益として、この変更により、曝気槽から放出されるガス量が減るため、VOC 放出量が削減されます。

その他の用途

製品名説明/利点ダウンロード
ガス

酸素

酸素は、空気の体積のおよそ 21 パーセントを構成する無色のガスです。酸素は、気体または沸点が -297.3 °F(-183 °C)の低温液体として貯蔵および出荷することができます。酸素は、廃水処理プロセスの中で酸化に使用されます。廃水処理用途向けに、当社は、気体または液体の形で酸素を供給します。お客様のサイトに配送することも、お客様のサイト上で生産することもできます。廃水酸化のための空気の代わりに酸素を使用することで、発泡、におい、および揮発分放出の問題が削減され、生産能力あたりの処理量が増えます。

酸素は、空気の体積のおよそ 21 パーセントを構成する無色のガスです。酸素は、気体または沸点が -297.3 °F(-183 °C)の低温液体として貯蔵および出荷することができます。酸素は、廃水処理プロセスの中で酸化に使用されます。廃水処理用途向けに、当社は、気体または液体の形で酸素を供給します。お客様のサイトに配送することも、お客様のサイト上で生産することもできます。廃水酸化のための空気の代わりに酸素を使用することで、発泡、におい、および揮発分放出の問題が削減され、生産能力あたりの処理量が増えます。

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close