典型的なバルクガス貯蔵システム

大容量の高圧ガスと混合ガスは、チューブトレーラーで出荷され、お客様のサイトに貯蔵されます。貯蔵システムは、通常、1 つに連結された複数の高圧スチールの圧力容器によって構成されます。システムは、モジュール式で設計され、使用率に応じてサイズが決定されます。このシステムでは、アルゴン、一酸化炭素、圧縮空気、ヘリウム、水素、窒素、および酸素を扱えます。 

 典型的なバルクガス貯蔵供給システム

典型的なバルクガス貯蔵供給システムです。

個々の圧力容器の長さは約 6.8 m になり、直径は約 60 cm になります。常設マニホールドは、サイトで選択された容器に接続されます。ガスは、圧力を自動制御する減圧ステーションを通してお客様のハウスラインに送り出されます。高圧チューブトレーラーから容器に充填するために独立した支柱が用意されています。圧力移充填均等方式によって、容器に充填されます。

圧力容器
容器は、ASME UPV 規格の第 8 項および付録 22 の要件を満たしています。これらの容器には、最大 2,450 psig の許容作動圧力があります。各容器には、アングル型の遮断弁、および 3,100 psig で破裂する安全爆破ディスクアセンブリが備え付けられています。圧力容器モジュールは、必要な支えとなり、安定性を提供する 2 個の I 型梁枠の間に水平に 3 個の容器が取り付けられます。モジュール式アセンブリは、ほとんどすべてのガス貯蔵要件を満たすために構築されます。

減圧ステーション
減圧ステーションは、二重減圧調整器、計量器、オプションの低圧警報開閉器、均圧弁、および安全逃し弁を保護する耐候性キャビネットに設置されます。

チューブトレーラー送出支柱
L 字型のチューブトレーラー送出支柱(アルミニウムの I 型梁で製造)は、チューブトレーラーから高圧貯蔵容器に製品を送り出すのに必要な可撓ピグテール、バルブ、およびパイプを支えます。この充填装置は、安全性および利便性を考慮して、制御キャビネットから分離されています。

*地域によって、使用されるガス貯蔵システムが異なる場合がありますのでご注意ください。詳しくはお近くの営業所までお問い合わせください。

エラーが発生しました。ハイライトされたフィールドを修正してください。
To request a quote or for more information about Air Products, please fill out the form below, and an Air Products representative will contact you shortly.
Please use the form below to contact us.

私たちはあなたのために何に答えることができますか?

  1. 質問の内容

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close