CryoEase® Microbulk ソリューション

複層ガラス

複層ガラスのための Microbulk CryoEase 用途複層ガラス用のアルゴン

密閉された複層ガラス装置のガラス間でアルゴンガスを使用すると、単に乾燥した空気を使用する場合と比較して、装置の熱的性質が大幅に向上します。アルゴンは不活性ガスであるため、非反応性、無色、および不燃性です。さらに、Microbulk タンクから液体アルゴンを使用することで、コスト効率が非常に高いことが判明することがあります。

Low-E コーティングとアルゴン

Low-E(低放射率を表す)は、複層ガラスユニットの内部の窓ガラスに加えられ、長い波長の熱を部屋に反射するのに役立つコーティングです。実際、Low-E ガラスからの保温は非常に効果的であり、通常、50 %の増量なしで標準の三重ガラスのエネルギー保存性質と一致します。Low-E 装置にアルゴンガスを充填することで、2 つの方法で利点があります。最初に、低放射率塗装の熱線反射の性質であり、2 番目に、アルゴンガスの低伝導率の性能による対流熱損失と伝導熱損失の削減です。

U 値とアルゴン

熱損失率は、英国では U 値の観点で表されます。数字が小さいほど、断熱性は高くなります。

密封した複層ガラスユニットの典型的な U 値は以下のとおりです。

  • 通常の複層ガラスの U 値は 2.6
  • Low-E の通常の複層ガラス U 値は 1.8
  • Low-E とアルゴンの U 値は 1.6

お客様の地域の複層ガラス業界のためのアルゴン Microbulk ソリューションの詳細は、お近くの代理店にご確認ください。


「Microbulk ソリューション」へ戻る

エラーが発生しました。ハイライトされたフィールドを修正してください。
To request a quote or for more information about Air Products, please fill out the form below, and an Air Products representative will contact you shortly.
Please use the form below to contact us.

私たちはあなたのために何に答えることができますか?

  1. 質問の内容

新しい CryoEase® サービス

高純度のガス供給が容易に(674 KB)

X

This site uses cookies to store information on your computer. Some are essential to make our site work; others help us to better understand our users. By using the site, you consent to the placement of these cookies. Read our Legal Notice to learn more.

Close